読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーの日常(どきどき妄想)

精神脆弱なポンコツシングルマザー

シングルマザーの恋愛って


f:id:gookana:20170211023500j:plain

20代前半の頃、恋をした。
そのとき私は既に元夫と結婚していたし、長男が産まれていた。
相手も妻子ある人だった。

容姿、性格ともとにかく全てがどストライクにタイプだった。
きっかけは共通の知り合いを介してひょんなことで出会って、始めは「あーこの人いいな」ってなんとなく思うくらいだった。
その内友人を交えて飲みに行くようになって、ある時お互いに酔った勢いで身体の関係を持ってしまったのだった。

それからもうその人に夢中で、私も若かったなぁって思うんだけど、何度も二人きりで会うようになった。
元夫には、(私は学生だったので)同級生と食事に行くと嘘をついて彼と会っていた。

結局最後は相手の奥さんにバレてしまってそれきり連絡も取らなくなった。

だから長い間、忘れたい過去としてあまり思い出さないようにもしていた。
けれど最近になってやたらと当時のことを思い出す。
彼の仕事が終わるのを都内の百貨店をブラブラしながら待っていたことや、離れ難くて空が明るくなる時間まで街の中を二人手を繋いで歩き回っていたこと。

あの時、人を好きになるのはこれが最後になればいいと思った。
もう彼以上の存在には出会えないとも思った。

誰かを好きになるって不思議だ。
その人と居ると何をしてても楽しくて、「もっと一緒にいたい」って思う。
離れているときは相手のことばかり考えて胸が苦しくなったりくすぐったくなったりする。
そんな感情って恋愛以外にあり得ないから。

で、当時の望み通り、以来私は恋愛をしていない。
実は離婚直後に自暴自棄になって男女の仲になった人は何人かいる。
けど、外見はタイプでも一緒にいて楽しくなかったりするから2、3回会う内にどうでも良くなって会うのも面倒になる。それで終わり。

私は再婚願望って全く無くて、もう結婚生活なんて面倒なことは懲り懲りだと思っている。
第一子供がいるから、再婚することに意義を見出だせない。
やり切った感があるのだ。

けれどそれと恋愛とは別物だって都合良く考えている。
やたらと恋愛してた頃の感情を思い出すのは、きっと願望があるからだと思う。

もう30歳も過ぎたし、女としての寿命が縮まっていることに危機感を抱いてのことかもしれない。
こんなこと言ったらアラフォーやそれ以上の女性に対して失礼かもしれないけれど、私は私の年代のことしか分からないから仕方ない。
自分がアラフォーになったら「まだまだ若い!」って思ってるかもしれないし、20代の頃はアラサーなんてオバサン過ぎて眼中に無かった。
そんのものなのだ。

ただ私はアラサーとして自分の劣化を嘆く日々で、抗いながら「もう一度人を好きになってみたい」ってどこかで思ってる。

ただ刺激が欲しくて(仕事や生活が安定しているし)、ほんとは恋愛じゃなくても良いのかもしれない。

これから先、好きになるような人に出会うかどうかは分からない。
けど、来るべきときに備えて自分を磨くことは怠らない。
ファッションだって体型維持だって、もともと美容に拘るのは苦じゃないし。

まあこれも全部、自己満足なんだけど。